■早漏の問題



   早漏には明確な時間的な定義はありませんが医学的には
   射精をコントロール出来ない状態のことを言います。しかし
   一般的に、相手の女性を満足させないうちに男性が先に射精
   してしまうことを言うようです。要するに、早漏とは時間や
   回数の問題ではなく互いに満足のできる性交ができるかどうか
   ということが問題なのです。とはいえ、男性からすれば、
   やはりできるだけ長く勃起している時間を保ちたいと考える
   ものでしょう。

   性交時、まず副交感神経が優位に立って勃起を促します。
   つまり、性交には、まず副交感神経の働きが重要となる
   のです。そして、性交で充分に快感を味わうと、射精と
   なります。これは、副交感神経から交感神経にスイッチ
   が切り替わり、そして射精することになるのです。早漏
   とは、このスイッチが早く切り替わってしまい交感神経
   が優位になって射精命令が出てしまうのです。

   勿論、相手の女性が同じように早いうちに満足感を得る
   ことが出来れば、性交は成功していることになります。
   女性にも、早く満足感を得られる場合もあれば、時間が
   かかる場合もあります。ある程度、パートナーの理解を
   得て、女性に少しばかりリードしてもらう、という方法
   もあります。男性のプライド、というものあるかもしれ
   ませんが、やはり、パートナーとの協力体制と言うもの
   も性交では重要です。

   男性側の対策とすれば、あらかじめ一発抜いておくとか、
   厚手のコンドームを着けるという方法があります。亀頭に
   塗って感覚を鈍らせるゼリーもあります。ただしこのゼリー
   は塗りすぎると逆効果(遅漏)になるので注意がいります。
   他に、早漏用の性具も今ではいろいろとあるので、自分に
   合ったものを探してみると良いでしょう。どうしてもうまく
   行かない場合、精神面でのカウンセリングも含めて医者に
   相談してみることでしょう。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ 薬治療の方法
  ★ 精神面での治療
  ★ 10代〜20代の場合
  ★ 中高年の場合
  ★ どんな種類がある?
  ★ 病院治療について