■中高年の早漏



   中高年の体の悩みの一つとして早漏も結構多いようです。
   中高年の早漏は性交に慣れてきた事からのマンネリや、
   年齢から来る勃起力の衰えなどが主な原因のようです。
   また、糖尿病や高血圧などから、高カロリーな精力剤が
   使えず、対処に困るケースもあるみたいです。若いころ
   に比べて勃起力が衰え、早漏気味になるという話もよく
   聞きます。30才を過ぎてからの早漏は、射精をコント
   ロールする射精閉鎖筋という筋肉が弱くなったために
   起こるとされます。

   中高年の早漏は、一つの、射精をコントロールすること
   ができなくなった状態です。これは、男性ホルモンの
   分泌が盛んだと起こらない病状です。また、中高年に
   なると、性交の時、一度勃起したものをそのまま維持
   しようと、少しあせる気持ちから、十分な堅さが得ら
   れないうちに射精してしまうケースが多いようです。
   これは、勃起力不足によるものなので、勃起力不足、
   堅さ不足を補う必要があります。中高年の場合、男性器
   へ血液が充満する事で起こる勃起が不十分で、堅さの
   回復を待つうちに射精してしまうのです。

   勃起力の不足には、塗るタイプの商品で勃起力を促進
   したり、早漏防止の効果があるものを利用してみるの
   が一つの方法です。中高年だと、尿道や膀胱、前立腺
   などの性器付近の病気も、早漏の原因となることが
   あります。その他にも、風邪などで解熱剤を服用した
   ときや、アルコールによる中毒症、糖尿病などの疾患
   も早漏となることがあるようです。中高年で早漏に
   悩んでいる場合こうした疾患が原因となっていないか、
   調べてみる必要もあるでしょう。

   市販のグッズや薬を使っても解消されなかったり長く
   続けられない場合、病院で相談してみることでしょう。
   病院を受診する場合、整形外科・泌尿器科が担当と
   なっています。病院に行くのに抵抗がある人はインタ
   ーネットで、いろいろ情報を得てみることでしょう。
   WEB上にはとても多くの情報があり、自分の症状に合
   った方法がある可能性が高く、意外と簡単に悩みを
   解消する事が出来る場合もあります。ただ、こうした
   関係の情報は興味本位のものも多いので、信憑性を
   よく確かめる必要もあります。これで試した上で、
   どうしてもうまく行かないのなら、勇気を出して
   病院に行くことです。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ 薬治療の方法
  ★ 精神面での治療
  ★ 10代〜20代の場合
  ★ 中高年の場合
  ★ どんな種類がある?
  ★ 病院治療について