■早漏の病院治療



   早漏がどうしてもうまく治らない場合、病院で専門医
   に治療を受けることになります。病院での治療には、
   カウンセリングも含めた心理面での治療と機能面での
   治療と、二つのアプローチがあります。機能面での
   治療のうち、短時間でできる亀頭強化術としては亀頭に
   早漏治療のためにアクアミドやヒアルロン酸などを注入
   する、という方法があります。

   亀頭増大術としてはアクアジェルでカリ首をそり上げ、
   見た目だけでなく機能的にもしっかりとした強化を
   おこなう方法があります。アクアジェルの特性である
   半永久的な効果が持続することで、早漏の悩みから
   解放され自信もつくことになります。包茎治療も早漏
   治療のひとつです。包茎は、刺激に対して過敏になり、
   早漏になりやすい状態です。包茎治療をし、亀頭を
   露出することで、普段から摩擦に強い状態にしておく
   ことで、性交の時に射精をコントロールしやすい
   状態にできます。

   薬剤治療もあります。挿入の10〜20分前に、亀頭に
   薬剤を塗りこみ、これが内部へ浸透することで神経が
   一時的に鈍化され、射精まで、ある程度の時間を維持
   することが出来るのです。効果は2〜3時間つづき、
   塗布後10〜20分たてば、洗い流しても、拭きとっても
   効果は変わりません。

   ストレスや、夫婦間のトラブル等、早漏でも、心理的
   な要素が強い場合、心理面での療法が行われる場合も
   あります。主として不安、恐怖などを緩和することを
   目的とした心理療法が行われます。内容としては、
   カウンセリング、支持的精神療法、暗示療法、リラク
   ゼーション療法、自律訓練法、行動療法などが中心です。
   心理面での問題が深刻な場合、離婚などの問題にまで
   発展する可能性もあるため、専門の精神科医がカウン
   セリングも含めて治療にあたるケースもあります。

■本サイト人気コンテンツ

  ★ 薬治療の方法
  ★ 精神面での治療
  ★ 10代〜20代の場合
  ★ 中高年の場合
  ★ どんな種類がある?
  ★ 病院治療について